茨木県警白バイチーム5位

 茨城県ひたちなか市で「第45回全国白バイ安全運転競技大会」が開催されで、茨城県警交通機動隊の中越豊巡査長(27)と高橋世幸貴巡査長(25)のチームが5位に入賞しました。

 全国白バイ安全運転競技大会は、全国の各都道府県警察及び皇宮警察から選抜された白バイ乗務員らによる安全運転技能の向上、士気の高揚及び全国交通機動隊員の融和団結を目的とした競技大会です。1969年に初めて警察庁主催にて行われ、1993年からは、毎年茨城県ひたちなか市の自動車安全運転センター安全運転中央研修で開催されています。競技種目はバランス走行、トライアル走行操縦、不整地走行操縦(モトクロス)、傾斜走行操縦(スラローム走行)に別けられ、女性は傾斜走行競技のみ出場します。

 大会は、規模の大きい警視庁と大阪府警など8府県警が出場する第1部と、それ以外の第2部に分かれて実施され、第2部に出場した県警は、女性隊員1人が単独で、中越、高橋両巡査長がチームで出場。昨年は同じ第2部で優勝していました。