セメント量のデータも改竄

旭化成(東京都千代田区)の16日発表によると、三井不動産グループが分譲した横浜市都筑区の大型マンションで、建物を支える杭の一部が支持層(固い地盤)まで届いていなかった問題で、工事を請け負った旭化成子会社の旭化成建材が、杭の先端部分と地盤を固定するセメントの量でもデータの転用や改竄をしていたそうです。

データの改竄があったのは全4棟の内3棟の計45本の杭。なんと、支持層に届いていないどころか、杭の強度そのものにも問題がある可能性が出てきました。  三井側は「震度7の大地震でも倒壊しない」、旭化成も「現時点で緊急の危険性はない」としていますが、信じて良い物かどうか。

旭化成建材の前田富弘社長は施工のデータ記録を毎日整理し、ゼネコンに提出しなくてはならないのに、途中からルーズになった」と説明。管理責任者は書類を紛失したとか、雨に濡れたとか言い訳しているらしいですが、きっちり仕事が出来ていれば(この場合杭が支持層に届いて、必要な強度があれば)単に書類上の問題です。しかし、この場合は不正や手抜きの隠蔽工作を疑われて仕方ありません。