台風11号、日本海北上

 台風11号は10日、高知県に上陸して四国を北上した後、午前10時すぎに兵庫県に再上陸して近畿・中国地方を縦断、北陸沖の日本海へ抜けました。

 台風が通過した四国、近畿では猛烈な雨が降り、高知県馬路村で1時間に80.5ミリを観測。48時間雨量は1073ミリに達し、特別警報の発令された三重県では宮川で661.5ミリ、徳島県でも上勝町や那賀町で700ミリ以上を記録しました。台風の影響とみられる死者は計9人で、10日に確認された負傷者は50人にのぼっています。

 台風11号は今後勢力を落とさず、速度を早めながら北上する見込みで、北海道では11日にかけて局地的に平年の8月の1ヶ月分に相当する大雨になる恐れがあるという事です。

 雨量が1000ミリ超えとは驚きです。テレビのニュースでも、「数十年に一度」と警戒を呼びかけていましたが、最近の予報は良く当たります。しかし、台風の勢力自体はそんなに大きい訳ではないのに、これほどの影響が出るとは。