金沢城公園来訪者2倍超す

 石川県のまとめによると、今年のゴールデンウィーク中(4月29日~5月6日)に金沢市の兼六園を訪れた人(1日平均)は過去10年間の平均の1・6倍、金沢城公園は2・2倍に上ったそうです。

 同県によると、ゴールデンウィーク中の入園者は金沢城公園が計15万8700人で、兼六園が計11万8840人。また、金沢21世紀美術館の1日平均入館者は昨年比1・5倍の1万3039人で、期間中の合計は過去最多の10万4308人だったそうです。  また、富山県砺波市で開かれた「2015となみチューリップフェア」には、4月23日から5月6日までの期間中、昨年を約3万6000人上回る約32万1000人が来場しました。

 JR東日本とJR西日本によると、北陸新幹線の利用客は、同区間を走る昨年の特急と比べて3倍以上に増えた区間もあると言う事で、やはり新幹線効果がはっきり出ています。しかし、不思議な気がしないでもありません。新幹線になっても移動時間が半分になるわけではありませんし、これほどの効果があるとは。

ヤフー「検索」削除新基準

 インターネット検索大手のヤフーは30日、インターネットの検索結果について、プライバシー侵害との請求があった場合に削除に応じるかどうかを判断する自主基準を公表しました。公表された基準によると、削除を求めた人が公職者か未成年者かどうかなどを踏まえた上で、「表現の自由」と「プライバシーの保護」のバランスを考慮してヤフーが個別に判断。31日から基準に沿って対応するとしています。

 削除に応じる場合、検索結果のタイトルや要旨に、病歴やいじめ被害などの情報がある際には、そのタイトルや要旨を削除(非表示に)するほか、生命の危険がある場合や「リベンジポルノ」などの性的な画像などについては、ホームページに移動するリンクごと削除するという。ただし、対象が公職者や著名人など公益性が高いと判断された場合は、削除には慎重に対応すると言う事です。

 ネット上の検索情報削除に関しては、ヨーロッパでインターネット検索世界最大手のグーグルに対し削除義務を課す司法判断が出され、いわゆる「忘れられる権利」が議論されています。

ISIS、ツイッター社を脅迫

 ツイッター社の2日発表によると、同社の共同創業者や従業員に対し、過激派組織「ISIS」支持派とみられる集団が脅迫文をネット上に投稿、同社が捜査当局とともに調査を開始したそうです。

 同過激派組織メンバーらは情報発信にツイッターなどを利用することで知られていますが、ツイッター社はISIS関連のアカウントを強制的に閉鎖する措置をとっており、この事に不満を示し、「お前たちの仮想の戦争は本物の戦争を招くだろう」などとし、ツイッター共同創業者ジャック・ドーシー氏の顔に銃口の照準を合わせるようなイラストも投稿、ツイッター社の社員らを殺害の標的にするようツイッターとは別の投稿サイトで呼び掛けています。

 ISISはインターネットの各種SNSを利用し、自身の主張を世界へ発信。新たな参加者を募るなどしていました。しかし、ツイッター社は元々違法であったり、人道上問題があると判断されたアカウントを随時閉鎖しており、ISISとの関連が疑われるアカウントも、少なくとも2000件が閉鎖されています。

茨城空港減便

 先月28日に経営破綻した国内航空3位のスカイマークが、便数削減を発表。就航路線のほとんどを同社便に頼る茨城空港でも、2月1日から3月28日まで、1日1往復の米子便が運休し、札幌、福岡便が1日2往復から1往復に減ることが決まりました。

 茨城空港は元々航空自衛隊が管轄する百里飛行場でしたが、2010年に民間共用化され、営業を開始しました。徹底した格安化に取り組み、空港の駐車場は無料であり、着陸料は首都圏にありながら羽田空港や成田空港より3割以上割安くなっています。
 開港から半年後には、スカイマークにより名古屋(中部)-札幌(新千歳)への路線開設が表明され、また中国の格安航空会社「春秋航空」が上海-浦東への定期チャーター便を開設。国内線3路線と国際線2路線を擁するようになりました。

 しかし、国内線はすべてスカイマーク以外は運航しておらず、今回の減便で国内線は現在の5路線8往復から、4路線5往復に減る事になります。橋本知事は「びっくりしている。民事再生が進むことを期待したい」「利用促進が一番の支援策。できるだけ茨城空港を利用している路線が維持してもらえるよう支援態勢を作っていきたい」と述べました。
 茨城空港、2012年度には年間利用者数が40万人を超え、開港2年で倍増と、順調にその数を増やしてきましたが、この減便で2015年度は大きく減らしそうです。

自民党圧勝

 衆議院選挙は14日午後8時、投票が締め切られました。

 出口調査では自民党が300議席を伺う圧勝の気配で、自公合わせて2/3を超える見込みです。民主党と維新の会は伸び悩み、次世代と生活は議席を減らしそうです。一方共産党が反自民の受け皿となって議席を伸ばすと見られます。

 神奈川4区では、選挙直前に解党したみんなの党の元代表の浅尾慶一郎氏(無所属)が3選を確実にしました。

 一方栃木3区では、同じく元みんなの党代表だった渡辺喜美氏(無所属)が落選しています。1963年に初当選した実父の故・渡辺美智雄元副総理の強固な地盤を引き継ぎ、これまで当選6回を数えてきましたが、みんなの党解党と自身の政治資金を巡る不祥事で、遂に議席を失いました。

 また、閣僚を辞任した松島みどりと小渕優子両議院は、揃って早々に当選確実を出しています。

 投票率は推定で52.7%で、戦後最低だった前回からさらに6%低下しています。

茨木県警白バイチーム5位

 茨城県ひたちなか市で「第45回全国白バイ安全運転競技大会」が開催されで、茨城県警交通機動隊の中越豊巡査長(27)と高橋世幸貴巡査長(25)のチームが5位に入賞しました。

 全国白バイ安全運転競技大会は、全国の各都道府県警察及び皇宮警察から選抜された白バイ乗務員らによる安全運転技能の向上、士気の高揚及び全国交通機動隊員の融和団結を目的とした競技大会です。1969年に初めて警察庁主催にて行われ、1993年からは、毎年茨城県ひたちなか市の自動車安全運転センター安全運転中央研修で開催されています。競技種目はバランス走行、トライアル走行操縦、不整地走行操縦(モトクロス)、傾斜走行操縦(スラローム走行)に別けられ、女性は傾斜走行競技のみ出場します。

 大会は、規模の大きい警視庁と大阪府警など8府県警が出場する第1部と、それ以外の第2部に分かれて実施され、第2部に出場した県警は、女性隊員1人が単独で、中越、高橋両巡査長がチームで出場。昨年は同じ第2部で優勝していました。

漁業離れ止まらず

 茨木県が発表した、漁業経営の実態を5年ごとに調べる「漁業センサス」の速報値によると、団体と個人をあわせた経営体数と漁船数が、ともに前回調査より1割以上減ったそうです。漁業経営体数、漁船数ともにデータが残る1963年以降、10回連続で減少しています。

 茨城県では震災の際に366隻の漁船が被害を受け、そのうち74隻が廃船になっていますが、なかでも県北地域の被害が大きく、日立市では127隻、北茨城市では72隻が被害を受け、それぞれ38隻と19隻が廃船となりました。後継者不足も深刻で、391の個人経営体のうち後継者がいるのは、前回より47減って30.4%(119経営体)にとどまっています。

 農業と同じですね。人口減少、特に沢山食べる若い世代が減っているのですから需要は当然減ります。国内だけで商売している限り、避けられないことでしょう。震災の影響もありますが、これはもう構造的な問題と言って良いと思います。

PS4の販売台数1000万台突破

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの13日発表によると、昨年11月に発売された同社の家庭用据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」の販売台数が、10日時点で1000万台を突破したそうです。発売開始から約9カ月での1000万台達成は、歴代のプレイステーションでは過去最速のペースです。

 プレイステーション4は、スマートフォンとの連動やプレー動画を生中継できるなどネットワーク機能を充実。さらに、ソフトの開発が困難で開発コストが高騰したプレイステーション3の反省を活かすなどした結果、ソフトの供給も順調に進み、海外で売り上げを伸ばしています。

 家庭用据え置き型ゲーム機で過去最高の累計販売を記録したプレイステーション2が1000万台を突破したのは、発売から1年後でしたから、9ヶ月というのはかなり早い数字です。しかもプレイステーション4、国内ではまだソフトが揃っていない事もあって、累計販売数65万台程度と苦戦しています。それでも最速で1000万台突破しているのですから、いかに海外で売れているかが分かります。

台風11号、日本海北上

 台風11号は10日、高知県に上陸して四国を北上した後、午前10時すぎに兵庫県に再上陸して近畿・中国地方を縦断、北陸沖の日本海へ抜けました。

 台風が通過した四国、近畿では猛烈な雨が降り、高知県馬路村で1時間に80.5ミリを観測。48時間雨量は1073ミリに達し、特別警報の発令された三重県では宮川で661.5ミリ、徳島県でも上勝町や那賀町で700ミリ以上を記録しました。台風の影響とみられる死者は計9人で、10日に確認された負傷者は50人にのぼっています。

 台風11号は今後勢力を落とさず、速度を早めながら北上する見込みで、北海道では11日にかけて局地的に平年の8月の1ヶ月分に相当する大雨になる恐れがあるという事です。

 雨量が1000ミリ超えとは驚きです。テレビのニュースでも、「数十年に一度」と警戒を呼びかけていましたが、最近の予報は良く当たります。しかし、台風の勢力自体はそんなに大きい訳ではないのに、これほどの影響が出るとは。

号泣県議、辞職へ

 号泣県議として、今やすっかり時の人となった兵庫県西宮市選出の野々村竜太郎県議(47)が11日、、梶谷忠修議長宛てに辞職願を提出し、受理されました。

 野々村議員の不自然な政務活動費支出問題について、野々村氏は1日の記者会見以降、出張先の相手や目的などを明らかにしていません。このため県議会では議会事務局職員が7日から調査を開始。2013年度の城崎温泉(兵庫県豊岡市)などへの日帰り出張195回分の交通費300万円や、175万円分の切手購入、食品スーパーでの大量購入などについて、野々村氏から事情を聞いていました。しかし、野々村氏は「出張はすべて事実」と主張し、相手先や訪問目的については「記憶にない」などと説明。切手については「郵便物の発送先リストはない」と曖昧な説明を繰り返すにとどまり、県議会は「調査に限界がある」として、兵庫県警に虚偽公文書作成・同行使容疑で告発し、県警は受理したそうです。

 梶谷忠修議長は7日、県議会5会派が開いた代表者会議で「説明責任を果たさず、疑惑を抱かせているのは極めて遺憾」と述べ、野々村県議に勧告文を手渡していましたが、本人もやっと観念したようです。